【主治医が見つかる】肺を丈夫にする?5/28

主治医が見つかるという番組、なんとなく見てしまう。

この年になると、健康と言われると見てしまい、なんでも試してしまいますよね。

けれど、主治医が見つかるで放送されていた肺を強くする方法は、私には少しできないな〜他に方法ないかなーと思われる方に書きましたのでどうぞご覧ください!

肺を丈夫にすることによって生まれる効果について

肺を丈夫にすることによって、まず酸素の巡りが良くなります。

それだけ?と思われるかもしれませんが、酸素が体内を潤滑にめぐることは健康において非常に重要なことなのです。

肺を丈夫にし、体内に酸素がめぐりやすくなることで、基礎疾患・病気を抱えている人は、急に悪化するというリスクが少なくなります。

また免疫力も上がるため、風邪などもひきにくくなります。

肺を丈夫にする方法

1、1日の中で、大きく深呼吸する時間を作りましょう!

特に朝が効果的です。

寝ている時というのは、どうしても呼吸が浅くなりがちなので酸素が十分に体内を巡っていない可能性があります。

そのほかにも普段の生活で意識してみるとわかるのですが、呼吸が浅くなっていることが多いこともあるかもしれません。

そういう方こそ深呼吸の時間を作りましょう!

2トマトや、果物を積極的に取ろう!

果物を日常的に食べている人は、食べていない人に比べて、肺機能の衰えを抑えることができるという調査があります。

またトマトにも同様の効果があるようで、生トマトがいいようです。

1日に1個できれば2個食べることで肺機能の衰えを防ぐことができるでしょう!

3、もちろんタバコはやめましょう

タバコは肺に悪いというのは、もう大昔から言われていることですよね。

タバコを吸うことで肺機能の衰えが劣化し、酸素の巡りが悪くなり、様々な病気になる可能性があります。

そのようなことにならないようにいますぐタバコをやめましょう。

肺機能の改善は、タバコを止めるだけでもすごいものです。

お医者さんがタバコをやめろとうるさいのは、それだけ体に悪いのと同時に、肺機能を改善できるからということなんです。