恋愛小説でおすすめ10代に読むべき本ランキング

恋愛小説が好きな人、次に読む本を探している人、また初めて本を読む人でも恋愛小説は読むべきものだと思います。

私も10代の最初は本を読むのが苦手だったので気持ちはすごくわかります。だからこそ馴染みの深い恋愛小説を読むことをおすすめします。

いくつかの恋愛小説をランキング形式でご紹介しますので、是非読んでみて欲しいです。

恋愛小説の良さ10代で読む本

恋愛小説に限ったことではないのですが、本は想像の世界なので、人それぞれ違った想像で読むことができます。

小説の多くは恋愛小説で書かれています。

それはやはり恋愛というのは誰もが通る道ということでわかりやすく、内容の理解がしやすいからではないでしょうか。

しかし10代はまだ恋愛初心者という感じで恋愛小説の内容がわからないということもあるかもしれませんが、読んで考えてということをするだけで現実での恋愛にも影響するのかなと思います。

そして恋愛小説の主人公はもちろんそれぞれ違いますので、自分と重なるような主人公例えば女子高校生であれば女子高校生を主人公とした恋愛小説を読むと感情移入しやすく面白いと思います。

もちろんもっと自分に当てはまる恋愛小説もあるのでいろいろ選んでみると良いですね。



恋愛小説おすすめ10代のランキング

私の好みの恋愛小説ランキングとなりますがどれも良い作品なので読んでみてください。

1  「秒速5センチメートル」

この恋愛小説はアニメにもなっている作品で、とても泣ける切ないストーリーです。

大切な人との出会いがどれほど素晴らしく尊いのかを教えてくれます。

なぜそんなにうまくいかないのだろうと歯痒くもなりますが、そこがまたリアルで切なく素晴らしい小説だと思いました。

2  「君は月夜に光り輝く」

この恋愛小説は実写映画にもなっており、高校生を主人公としたラブストーリーです。

恋愛で命が関わってくるので、読んでいてとても辛くまた真剣になっていました。

ぜひおすすめしたいものです。

3  「塩の街」

こちらの恋愛小説は少し世界観が変わっていて、新しい恋愛物語が想像できてとても面白いです。

高校生を主人公としてストーリーが展開されています。

内容を読むと人間らしさが滲み出ていて感情描写がとてもリアルに想像できるなと思いました。

ぜひおすすめです。

そしてこの作品続編も短編集としてあるので読んで欲しいです。



まとめ

恋愛は10代だけでなく何歳になっても楽しくて、辛くて、人生の醍醐味と言えるのではないでしょうか。

個人的な意見ですが私はそう思ってます。

だからこそ恋愛小説は感情が理解しやすく他人の恋愛観がしれてとてもおもしろいです。

ランキングにはしましたが全てが良い作品ですので、ぜひ読んでみてください。