恋愛小説作家、人気な作家紹介。

私は小説に興味を持ち読み始めましたが、しばらくすると恋愛小説作家つまり小説を書いている側の人にも興味が湧いてきました。

様々な小説家さんを知り、良い作品に出会うことができます。

作品から作家さんにたどり着くこともありますが、作家さんから素敵な作品に出会うこともあるのです。

人気な作家さんは出版している本も多いため、人気な分だけ良い作品に出会えます。

ぜひ作家さんにも興味を持ってみてください。

 

恋愛小説作家について

恋愛小説を描かれている作家さんは日々ネタ探しをして構想を練っています。

恋愛小説家さんの中には未直に起こったことなどを題材にしている方もおられるようです。

そして小説家というのは本当に大変なお仕事です。

先ほども言ったようにまずは日々小説を書くネタ探し、構想を練るという作業。

小説家は世間の情報を隅々まで調査して、乗り遅れないようにしています。

それからは企画書の提出、当然ですが企画書が通らなければ、その企画の執筆には入ることができません。

執筆を開始して、自分が納得のいくまで執筆をして、担当編集に直しを入れられます。

それも山のような直しの量です。

このような過程でようやく出版までいきます。

しかし、その本が売れるかどうかはわかりませんよね?もう本当に大変な仕事です。

本当に尊敬ですね。



恋愛小説作家の中でも人気な作家さん

人気な恋愛小説作家さんを何人か紹介します。

有川浩さん

1972年6月9日生まれ

デビュー作は「塩の街 wish on my precious」

作風 最初はsfなど独特の世界観を中心にする物語を描いていたようですが。

今は幅広いジャンルを扱っている様子です。

魅力は、何よりわかりやすさにあると私は思います。

本を読み始めてまもない、小説になれていない人なんかは有川さんのような作家さんの本から読んでみると良いかもしれませんね。

 

島本理生さん

1983年5月18日生まれ

デビュー作は「シルエット」

作風は特に恋愛小説が多いようです。

どの恋愛小説も胸が高鳴るようなものばかりで読んでいて面白いです。

島本さんは高校生の時から小説を書いておられています。

その後結婚されてからは感性も変わってきたのか恋愛小説の作風も変わってきているそうです。

 

窪美澄さん

1965年生まれ

デビュー作は「ミクマリ」

作風はすごくリアルな描写が頭に浮かぶような小説を書かれます。

少し恋愛的に恥ずかしいような場面でもすごくリアルに書かれておられますが、読んでいて下品なところが一切感じられないなと思いました。

言葉の選び方がとても綺麗で、読んでいて心まで綺麗になるような気持ちにさせてくれます。



まとめ

今回恋愛小説作家さんについて、小説家さんについていろいろとわかったと思います。

これを機に好きな作品、恋愛小説からでも作家さんの名前を検索し調べてみるとまた面白い作品に出会えたり、新たな発見があると思います。

いろんな作家さんを知ってみてください。